プロフィール

WH

Author:WH
二つ名:囁(コラプション)
虚構奇術師


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:漫画
注・ネタバレします。嫌な方は読まないでください

WH「タイトルを見てわかるとおりサッカー漫画です。作者は現在YATAGARASUを連載してる愛原司先生」
みさき「CALCIOがサッカーって分かる奴はそんなにいない気がするぞ」
WH「確かに一般的ではない気もするけど聞いたことのある人は結構いる言葉だと思うのだよ」
歩「愛原先生ってずっとサッカー漫画描いてますよね」
WH「この作品がデビュー作だからね。ずっとサッカー漫画」
歩「それも一般的でないものを舞台にすることが多い人ですよね。トレセンなんかはサッカーファンでも知らない人が多いのでは?」
みさき「いまやってるのもクラブユースだもんな。しかもJの下部組織じゃないのが主役」
WH「日本は高校のほうが注目されるからね。マイナーになりがちなのは事実」
歩「で、VIVA! CALCIOに戻しますが、この作品の場合は海外サッカーですね。それ普通じゃないと思われるかもしれませんがこの作品の連載が始まったのって1993年なんですよね」
みさき「ああ、Jリーグが始まった年か」
WH「そういうこと。だからACミランやユベントスに注釈がついてたりする。そんな当時に高校生がセリエAに乗り込むなんて無茶としか言いようがない」
みさき「いまだとそう無茶に思えないのはやっぱりヒデのおかげなんだろうな」
歩「だってヒデがデビュー戦でハットトリックだったらこの作品の再現ですからね。所属チームが違うだけで」
WH「この時代はセリエAで通用する選手が出るなんて考えられなかったからねぇ。この作品のもうひとつの特徴としてはライバルがすべて実在の人物ということかね。架空のライバルが出ない漫画って珍しいと思う」
みさき「最近の作品だと実在の人物使うこと自体珍しい気もするが」
歩「でも、実在人物が出てくる漫画でも主人公の最大のライバルは普通は架空のキャラクターですよね」
WH「そのおかげで海外のサッカー選手を覚えたりしたんですけどね。とりあえずバッジョやデル・ピエロがすごい選手だということはよくわかりましたし。バティストゥータやトルドなんかはシーナに怒られてる人みたいなイメージでしたけど」
みさき「ひどい…」
歩「トルドなんかは雑魚みたいな扱いでしたから(GKなので点を取られるシーンが多くなりがちということ)仕方ないですけどね」
WH「まあ自分がサッカーに興味持った原点ともいえる作品ですかね。なのでフィオレンティーナが破産で4部降格した時はショックだったり」
みさき「今は戻ってるんだっけ」
歩「セリエAですね。一回解散して新チームという形みたいですけど」
WH「まあ、サッカーが好きなら損はしないと思うので読んでみてもいいのではないですかね。今見ても楽しめないものではないですし」
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © MATERIAL BLADE all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。