プロフィール

WH

Author:WH
二つ名:囁(コラプション)
虚構奇術師


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:ミステリー
注・普通にネタバレします。嫌な方は読まないでください


WH「昨日の更新は山村美沙についてあまり触れてなかったような気がするのでちょっと反省」
みさき「っていうか、あれだと『あらすじでネタバレするな』が正しいタイトルのような気がする」
歩「トリックが面白かったとしか言ってませんしね」
WH「あえて他に触れるとすると不倫や伝統芸能を扱った作品が多いということぐらいかな。西村京太郎との関係は内容ではないし(作風には影響してると思うけど)」
歩「まあ、そのあたりの話は今回のタイトルとは関わりはありませんから、このぐらいにするとして、これって内田康夫先生の作品ですよね」
WH「浅見光彦シリーズの一編だね。このシリーズは二時間ドラマから入ったんですが」
みさき「あの刑事局長の弟だと知ると警察の態度が変わる奴?」
WH「そのシーンは原作では意外と少ないんだけどね。正体が分かった場合でも疎まれることもあるし」
歩「まあ現実にはそんなものだと思いますけどね。実際に自分のところに現れたら厄介払いしたい存在でしょうし」
WH「そこがあのドラマの見所ではあるんだけどね」
みさき「で、どういう作品なんだ?ドラマにはなってないよな」
WH「なってないよ。今後もされないと思う」
みさき「なんで?浅見光彦が犯人だから?」
WH「そういうわけではないよ。たとえば金田一少年の殺人の犯人は別に金田一というわけではないだろ」
みさき「たしかにそうだが。じゃあどうして?」
歩「一言で表現するならこの作品の犯人の問題ですね。犯人の正体がドラマとして放送するのには問題があるわけですよ」
WH「というよりもやりようがないよなぁ」
歩「不可能ということはないでしょうけど相当無理が出ますよね」
WH「少なくとも、テレビシリーズはまず無理だろうね」
みさき「何が問題なのかお前らの会話だけじゃよく分からないんだが…」
歩「ようするにですね。この作品の犯人は浅見光彦の偽者なんですよ。読者が浅見光彦だと思ってた人間は実は偽者だったということです。まあ、そこがこの作品の面白いところなんですけど」

みさき「ああそりゃ無理だな。普通にきついと思う」
歩「みさきもそう思うでしょ。そういえばこの作品はいくつか読んだ人以外は読まないでくださいと書いてあるんですよね」
WH「実際その方が面白い作品なのも事実だし。このシリーズが始めてという人にはおすすめはしない」
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © MATERIAL BLADE all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。