プロフィール

WH

Author:WH
二つ名:囁(コラプション)
虚構奇術師


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:ミステリー
注・普通にネタバレします。嫌な方は読まないでください


WH「これも以前書いたモルグ街の殺人と同じく昔読んだ作品です」
みさき「こういう小説のタイトルって普通は殺人事件とする気がするんだが、どうして殺し?」
WH「よくわかんないけど、初訳がこうだったからみたいだね。こちらの方が一般的なようなのでこっちを使います」
歩「これって、発刊された当事、トリックがフェアかアンフェアかで論争が起こったんですよね」
WH「そうそう、その頃読んでた別の作品のあとがきにそういうことがかいてあったので興味を持って読んだわけです。個人的にはアンフェアというほどのものではないと思うんですけどね。なぜ、アンフェアといわれるのかはわかるんですけどね」
歩「犯人は普通なら容疑者から除外してしまう人ですからね。それが納得できない人はアンフェアだと思うんでしょうね」
WH「これに関して前情報なしで読んだ方がが面白い作品だと思う。犯人を知っててもそれはそれで楽しみ方があるとは思いますが犯人への驚きがないからね」
歩「そうでしょうね。この作品やそしてだれもいなくなったなどを読むとミステリの女王といわれるのもよくわかります」
WH「といっても、ミスマープルものは読んだことなかったりするんだけどね。機会があったらそちらも読みたいんですが」
みさき「買ったラノベも積んでる現状じゃ無理じゃないか?」
歩「色々積んでる癖にこの前天国に涙はいらないを読んでるところみましたけどね」
WH「ディアボロさんの所のお絵描きチャットのお題に名前出したら久しぶりに読みたくなったんだよね。感想も書きたいけども長くなりそうなのとまとめられそうな気がしないので難しいです」
歩「長くても付き合いますけどね。そうしてもなら数回に分けてもいいと思いますし」
WH「分けるのも一つの手段かな。ただ好きなものほど感想が書きにくいのも事実なのだよ」
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © MATERIAL BLADE all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。