プロフィール

WH

Author:WH
二つ名:囁(コラプション)
虚構奇術師


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:雑記
WH「特に指定しないと罰ゲームにならないとのことなのであの後色々考えたわけですが…」
歩「何か問題でも?」
WH「ろくでもない案しか思い浮かばないんですよね」
みさき「ここで具体的に挙げてみたら?どうせディアボロさんも見てるだろうし」
WH「やってみる?あれなのが多いよ。あともう書いてるのなら無視してもらっても結構です」

1.リアル鬼ごっこ

みさき「また初っ端から…」
WH「なぜか最初に思いついた」
歩「ちなみに読んだことはありますか?」
WH「ありません。悪評は知ってますが」
みさき「悪評知ってて候補って、ただの嫌がらせじゃねぇか!!そんなもん!!」

2.恋空

WH「今をときめくケータイ小説から恋空です」
歩「先ほどと同じ事を聞きますが読んだことあるんですか?」WH「ない。これも評判が悪いのは知ってるけど」
みさき「だから、どうしてそんなのばっかりなんだ」
WH「読んでない作品だとどうしてもこっち系になるわけですよ。普通の小説の話し聞いても印象に残らないし」
歩「じゃあ、読んだことある作品にすればいいじゃないですか。といいますか読んだことない作品にこういうこというのもどうかと思いますが、もうちょっとましな作品はないんですか?」
WH「次はこういう作品ではないよ。読んだこともあるし」

3.城の崎にて

みさき「なぜ?」
歩「さっきまでとは別の意味で疑問なんですが…」
WH「高校の頃冒頭の山手線の電車にはねられて怪我をしたという部分が自分と友人の間でなぜかブレイクしたことをふと思い出したので。ちなみに当事、部で作ってたゲームにも山の手線を召喚する敵が出てきました」
みさき「どんなゲームだよ!!」
WH「敵も味方も知り合いの名前という内輪ネタだらけの作品。あの部はそんなのばっかりだし」


4.わたしたちの田村くん

歩「また、一気に普通のラノベになりましたね」
WH「まるで今までが普通でないような言い方をするね」
みさき「あれがまともな案だとでも」
WH「一応売り上げだけならすごい作品だよ。城の崎にては文学作品だし。それにあれが先に思いついたのは事実なのだよ」
歩「それはそうでしょうけど…ところでこれはラブコメでしたっけ」
WH「そう。まあ、ちょうどとらドラもアニメ化するらしいし、全二巻でちょうどいいかなと。ただ、まっとう過ぎるかなあと」
みさき「お前はディアボロさんに嫌がらせでもしないと気が済まんのか」
WH「そういうわけでもないんですけどね。ということで、次」

5.ロボット妹

歩「これですか…」
みさき「あらすじを見たけど、なんだよ妹力って」
WH「まあ佐藤ケイ先生なので。まあお題にしたいのはほんとは天国に涙はいらないのほうだけどね。でも、あれは11巻あるから無理でしょう。関係ないけど続刊を出してほしい」
歩「三十三間堂と比べるとメディアミックスが難しいからそれは厳しいでしょうね。ところで佐藤先生の作品はLAST KISSもあったと思いますが…」
WH「だってあれまともだし。一応これと対になる作品だけど」
歩「普通はまともな方をお題にすると思うのですが。やはりいやがらせじゃないですか」
WH「気のせいです」

6.18禁パソゲーの小説の感想

みさき「えっと、ディアボロさんが掲示板に書いたやつ?」
歩「向こうに書き込んだときの返信ですね」
WH「普通ならこういう場合…こんなゲス男と軽べつするだろう………でも……わたしは…ディアボロさんのこの案を……………!『なんてロマンチックなの』と思った」
歩「思わないでください。というか、本人も実際に書こうと思って書いたものじゃないでしょうに」
WH「でも、それいいなと思ったのは事実なんだよね。小学生も見るサイトにふさわしくないのが問題だけど」
歩「だったら止めてください」

まとめ

歩「以上ですか。たしかにろくでもない案が多かった気がします。といいますかわたしたちの田村くんが明らかに浮いてます」
みさき「っていうか読んだことないものを提案するなよ」
WH「シリーズ物以外はほんとにあまり読まないからね。まあ正直なところ超兄貴小説の感想でもよかったりするんだけどね。もうひとつのお題案が漫画版超兄貴感想だったし」
歩「そういえば前に購入したと書いてあった気がしますね」WHWH「実はあれ古本屋で立ち読みしたことあるんだけどね。まともに覚えてないけど」
みさき「で、リクエストはどうするのさ?」
WH「上の中でディアボロさんがやってみたいと思うのがあったらやってみたらいいんじゃないですかね。なければ、自分で好きなものをかけばいいと思います。ぶっちゃけ現状これ以上の案は思い浮かびませんし。一言で言うならディアボロさんの好きなようにしてくださいと。それだけですね」
みさき「これだけ書いてそれが結論かよ!!」
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © MATERIAL BLADE all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。