プロフィール

WH

Author:WH
二つ名:囁(コラプション)
虚構奇術師


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:映画
注・普通にネタバレします。嫌な方は読まないでください

WH「先ほどテレビで放送していたので見た映画です。戦闘機のシーンはすごいと思つたけど、ストーリーは普通にめちゃくちゃだった」
歩「アメリカは悪の枢軸には何をしてもいいと思ってるんでしょうかね?」
みさき「普通に北朝鮮に喧嘩売ってるよな」
歩「といいますか、普通に戦争でしょう、あれは」
みさき「北朝鮮全く悪くねぇよな。アメリカのパイロットがかってに不時着しただけだし」
歩「ロシアもいい迷惑ですよね無人戦闘機が自分たちの国攻撃にきたんですから」
WH「っていうか、タイトルと新聞に書いてあったあらすじから想像してた内容と全く違うわけだ」
歩「あの三人がエディと戦う映画だと思ってましたよね」
WH「実際のラストはバギ-ちゃんだったからなぁ」
歩「なんか普通にいい話みたいに終わってましたけど、あの後アメリカがどうなったのかしょうがないんですけど」
みさき「普通に北朝鮮その他に謝罪と賠償だろ。どうかんがえたって」「エディの破片が証拠になるもんなぁ。その前にも偉い人がロシアに通信してたし」
歩「主人公側の暴走が事件を巻き起こしただけの映画ですよね」
WH「ところで素数でジョジョ連想したのは自分だけなのかな」
歩「別にパロディとかではないですけどね。妙に主人公がこだわってただけで」
みさき「っていうか、アメリカの映画がジョジョのパロディなんてするわけねぇ。しかし、突っ込みどころが多すぎる映画だった」
歩「何が一番恐ろしいって、続編作ろうとしてた節があるところですね。Wikipediaによるとラストにカットされたシーンがあるようで」
みさき「どんなのよ?いや想像はつくけどさ」
歩「ひとことでいうならエディのコアは実はまだ生きていたという。アメリカ映画のお約束1ですね」
WH「そういうの好きだよね、アメリカ。普通に完結させとけばいいのに」
歩「怪物が出てくる映画だと大概入ってたりしますからね」
みさき「まあ、なんだかんだで楽しんだけどな」
WH「っていうか、本気で見る機がうせたら取り上げないし。とりあえず、自分たちの正義の為なら何をしても許されるという間違った価値感がすばらしかった。バカ映画として」
歩「そうですね。あと。タイトルがステルスである必然性があまりない点もすばらしかったですね。まあ、わざわざお金払って見る映画では決してないと思いますが」
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © MATERIAL BLADE all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。