プロフィール

WH

Author:WH
二つ名:囁(コラプション)
虚構奇術師


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:アニメ
注・ネタバレします。嫌な方は読まないでください

みさき「橋の会話だけで終わりかよ!」
歩「相変わらずスローというか話が進みませんね」
WH「個人的にはそこまで不満はないんだけどね、好きな場面だし。アニメから入った人はどう思ってるのか気になってしょうがない」
歩「早足でやると設定が多すぎて逆についていけないのでは」
みさき「つーか、インデックスとか肉食ってただけじゃん」
歩「学園都市がらみの話だと原作でもこんな感じですからね」
WH「魔術サイドの話でも空気化してる最近の原作と比べたら…まあ、もっと悲惨なのが一緒に肉食べてた姫神だけど」
歩「彼女の場合最早それが持ちネタになってますからね…」
WH「漫画の巻末でネタにしすぎだと思うなぁw」
みさき「それは置いといてだ、あの電撃は手ぇ抜いたとかそんなレベルじゃないだろ。普通に死ぬって」
歩「恐ろしいほどにタフですよね。なんであれで普通に起き上がってくるんでしょうか?」
WH「まあ原作でも当麻のタフさは異常だけどね」
歩「右手で防いでるだけじゃ納得できないシーンもありますからねぇ…」
WH「あんな理不尽に立ち上がられると美琴じゃなくてもやめてと言いたくなると思う」
みさき「しかも、このあと一方通行倒しに行くんだもんなぁ」
歩「まあ、そもそも毎回敵をぶん殴って説教する上条さんが理不尽といえば理不尽なんですけどね」
WH「まあ、この時ここまでやったから原作で美琴は当麻に恋愛感情を持つまでに至ったんだろうけどね」
歩「それにしても、彼女はいつからレベル5なんでしょうか?後天的なはずなのに小さいころから注目されすぎというか。彼女に接近したのが目的がクローンならあの時点でもうレベル5なんですよね?」
みさき「ま、レベル5じゃなきゃ他にも似たような能力者はいるだろうし、クローンの意味はないわな」
歩「なった直後にあんな人たちが来るとも思えませんし、小学校の低学年ぐらいで誰もできないような並外れた努力をしたということになるような気が…」
WH「正直、その辺りは鎌池先生も考えてない気もする。レベル6計画自体無茶だし」
歩「それはまあ、そうなんですけどね」
みさき「何で?」
歩「だって一日50人殺しても1年近くかかるじゃないですか」
WH「というか、極秘の計画の割に妹達は普通にその辺歩きすぎだと思う。アレイスターが放置してる理由はわかるけど、他の人たちはなんであれ放置してるのかな」
歩「オリジナルに会っちゃいましたからね。本来避けなければいけない事態なんですが…簡単には止められないからばれても困らないというのもあるんでしょうけどね」
WH「学園都市最強の能力者の一人である美琴にもどうしょうもないものを妨害できる人間がいるとは思えないからね。あと、どうでもいいけど、インデックスは来週も焼き肉を食べてるんだろうか」
歩「出番ゼロもまずいでしょうし、食べてるんじゃないですか」
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © MATERIAL BLADE all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。